自動販売機で無理なく副収入|設置は人通りを考慮しよう

自販
ボタン

古い歴史

自販機はどんどん良質なものに改良されていますが、その歴史は古いです。最近は飲み物の他にもおでんやラーメンなどの自販機も設置されています。様々な機種や特徴は、これからも増え続けるでしょう。

経営の方法

缶

自販機を購入した際の費用や平均的な売り上げと、委託によるビジネスの違いが解ります。

自動販売機を設置する際の初期費用としては、自販機本体の購入代金だけでも、中古品なら25万円程度で、新品場合は50万円程度の予算が必要になります。データによるとだいたい半年後から黒字になり、場所や地域の立地条件にもよりますが、平均的な月の売り上げは5万円程度になります、その他には自販機の電気代も必要です。最近では、設置場所に電気配線を整えるだけで、初期費用は無料で電気代だけを負担し、売り上げの一部を収入として受け取るというシステムが一般的な自販機ビジネスになつています。売り上げの少ない場合でも、電気代でマイナスになる事は、ありません。万が一マイナスになる事があっても、契約上はレンタルでもリースでもないので、電気代の企業側の負担も相談出来ます。

設置場所を提供して、売り上げの一部を受け取るというシステムが一般的なビジネスです。

日本で最初に自動販売機が登場したのは、1888年でタバコが販売された事から始まり、今ではお酒や飲料水、カップ麺や電池などの消耗品も売られています。当たり前の様に、毎日目にして頻繁に利用している自販機ですが、これを設置する事で、副収入が得られます、販売する商品によっては、特別な許可が必要になる物もありますが、ジュースは誰でも簡単に設置する事が出来ます。条件としては、設置する場所があり電気配線が整っている事と初期費用はかかりませんが、電気代が自己負担になる事だけです。電気代に関しては、企業が負担してくれる所もあるので、いくつかの見積もりを取った上で、条件にあった企業と契約すれば空きスペースを有効活用するだけで、収入になります。

飲料

楽に副収入

副収入を希望している人は多いですが、本業が忙しくて副業を始める余裕はないのではないでしょうか。そんな時には自販機の設置を検討してみましょう。置き場所として土地の一角が必要です。

飲料

知識を得る

自販機は昔に比べてコンパクトになっています。これにより、電気代も昔よりは抑えられていると思われているのですが、保温力や保冷力を高める為に一生懸命に稼働しています。つまり、大幅なコストダウンというわけではないのです。